ビタミンCを含む食品でシミの予防と改善

ビタミンCを含む食品でシミの予防と改善

 

シミの予防や改善に効果がある栄養はビタミンCです。
シミは肌の老化ですし、その原因は紫外線による影響が大きいので気を付けたいものです。

 

一昔前までは小麦色の肌が流行り、日焼けをするためのサンオイルの商品の人気が高かったのですが、今では逆に日焼けをしないための商品が多く出回っています。

 

若い時は日焼けをしても、跡が残らないかもしれませんが、年齢を重ねるとともにそれが徐々に蓄積されていきます。
年中日焼けをした状態であれば、シミが目立ちにくくなるかもしれません。

 

それでも常に日焼けをしている状態だと、紫外線を浴び続けていることになり、肌はかなり老化してしまいます。

 

肌の老化を防ぐためには日焼け止めクリームなどで、直接肌が日差しに当たらないようにすることが必要です。
とは言っても、日差しが強い日は屋内にいても太陽光が眩しいことがあり、完全に光を遮ることは難しいです。

 

また、まったく日の光に当たらないのもビタミンDの吸収が行われなくなってしまい、健康上でも良くありません。
やはり、シミ予防をしながら、日焼けのしすぎを防ぎ、さらにアフターケアのためにシミ改善を行っていくのが良いでしょう。

 

ビタミンCはシミや美白効果があると言われています。
柑橘系の果物や野菜などに多く含まれています。

 

しかし、柑橘系の果物を朝食に取ると、紫外線の影響を受けやすくなる可能性があります。
柑橘系の果物は夕食に食べ、朝食ではトマトやスイカなどの赤い野菜を食べると良いでしょう。

 

トマトやスイカなどの赤い野菜は抗酸化作用があり、外出前に食べると効果があります。
ビタミンCが豊富な野菜や果物でも、効果が違うので、できるだけシミ予防や改善に繋がる方法で摂っていきたいものです。

 

一旦、シミになってしまうと食事だけではなかなか改善が難しい場合があります。
そのような場合はサプリメントを利用したり、場合によっては専門家に相談するのも一つの方法です。

 

しかし、できるだけサプリメントや薬などに頼り過ぎず、毎日の食生活でシミ予防や改善策を行うようにしたいものです。