体内から美肌をつくるために覚えておきたい成分

体内から美肌をつくるために覚えておきたい成分

美肌のためには外側からのスキンケアも大切ですが、内側からのケアも大切です。そこで今回は、美肌をつくるためにおすすめしたいビタミンについてご紹介します。

 

まず1つ目はビタミンCです。ビタミンCは、メラニンの生成を抑えて美白やシミ予防に役立ってくれるほか、肌のキメを整えたり毛穴の開きを改善したり、美肌には欠かせない成分です。ビタミンCは熱に弱いため、フルーツやサプリメントで摂取するのが効果的。また体に吸収される量に限りがあるため、一度に大量に摂るよりも数回に分けて摂りましょう。

 

2つ目はビタミンEです。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞を老化させる活性酸素を除去してくれます。また女性ホルモンの分泌をサポートする効果もあり、若々しい肌を保つためのエイジングケアにぴったり。ビタミンEは、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、アボガドなどに多く含まれています。

 

3つ目はビタミンAです。ビタミンAは肌のバリア機能を高めるため、紫外線や摩擦などのダメージから肌を守ってくれます。ビタミンAは、紫外線を浴びるごとに徐々に肌から減少してしまうため、肌を守るためにもニンジンやホウレン草、バターなどから小まめに摂取するようにしましょう。しかしビタミンAは過剰に摂りすぎても副作用が起こってしまうため、毎日の食事にバランスよく取り入れるようにしてくださいね。

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは「ACE(エース)」とも呼ばれ、それぞれが高い美肌効果をもっているほかにも、バランスよく摂取することでお互いの働きをサポートしてくれる特長があります。3つが含まれているサプリメントもあるため、食事でまかなうのが難しい場合はサプリメントに頼るのもおすすめです。

 

そして最後におすすめするのがビタミンB群です。ビタミンB群は皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあります。忙しい日々が続いてなんだか最近肌に元気がない…、お疲れ顏になっているかも…というときは積極的に取るようにしてみましょう。特にビタミンBの中でも肌に効果的なのは、ビタミンB2。レバーや納豆、卵などに多く含まれています。

 

いかがでしたか?美しい肌をつくるために押さえておきたい成分4つをご紹介しました。スキンケアだけでなく、体内からのケアも気をつけてみてくださいね。"